一生モノ。

ステップアップしたい女性のための体験記ブログです。資格、習い事、アートやフェスなどについて書いています。

色彩検定1級☆トーンのイメージ&慣用色名まとめてみた【カード印刷】

***こんにちは!ミイです。***

 

色彩検定1級の勉強をしていると覚えることがたくさん出てきますよね。

これをすべて暗記するのは至難の業。。。

もう覚えられない!!と音を上げたくなりますよね?

 

私もそんな一人だったので、まずはトーンイメージと慣用色名の暗記のコツをご紹介します。

 

 

1.トーンのイメージの覚え方

トーンのイメージ数は各々のトーンで違います。

 

例えば一番多いものでp(ペール)トーンの9個のイメージがあります。

あとは1つのトーンに3~5個くらいなので短期間で覚えたいですね。

 

・カードを使う

 

私が覚えるためにやったのはカードにして分別していく方法です。

 

まずイメージカードを印刷して切ります。

カードのPDFが下からダウンロードできます。【Yahooボックス or Googleスプレッドシート

https://yahoo.jp/box/Tfum9g【Yahooボックス】

docs.google.comgoogleスプレッドシート

 

そしてこの慣用色名とトーン名が書かれたものも印刷します。

https://yahoo.jp/box/0zfKXp 【Yahooボックス】

docs.google.com 【googleスプレッドシート

そして各々のイメージに合うように重ねていきながら覚えていきます。

  

正解はこちらから見られます。

 

https://yahoo.jp/box/z1H9FP 【Yahooボックス】

googleスプレッドシート

 

これを数回繰り返すと覚えていけます。

 

トーンイメージは1級2次で必要になります。

 

「若々しいイメージで配色する」という問題だとペールトーンを選ばなくてはいけないのです。

 

問題数は少ないですが近年出る問題みたいなので覚えておきましょう!

 

・イメージトーンにあった芸能人をあてはめる

 

これは私がどうしてもイメージトーンを覚えられないときに自然とやっていた苦肉の策です。

 

イメージってもちろん色だけでなくて物や人にも存在するものですよね?

なので、そのトーンのイメージにあった実在の人を思い浮かべて覚えていました。

 

例えばこんな感じです。

 

最も彩度が高いビビッドトーン。

ビビッドトーンのイメージはこれです。

  • さえた
  • 鮮やかな
  • 派手な
  • 目立つ
  • いきいきした

この5つから私が想像できるのはデヴィ夫人でした。

派手で目立つ、さえた鮮やかな服をきたいきいきとした女性。

 

こんな感じで無理やりですがあてはめていって覚えました。

 

授業でも淡々と覚えるよりも、先生のうんちく話とかが入ったほうがスッと頭に入りますよね?

あんな感じで勝手に自分でストーリーを考えてしまうのがおススメです。

 

少しだけ私が覚えたものを載せてみます。

(自分のノートから抜粋)

あくまでも私のイメージですから相違があってもあしからず。。。

 

 

ブライトトーン

  • 明るい
  • 健康的な
  • 陽気な
  • 華やかな

テニスをしている女性。杉山愛さんみたいな笑顔が華やかでコメンテーターをしているときの明るく陽気な感じがぴったり。

 

ストロングトーン

  • 強い
  • くどい
  • 動的な
  • 情熱的な

イモトアヤコさん。よく登山をされているのを見ているからか強くて動的なイメージ。

山への情熱と、諦めないこと=くどいと覚えよう。

 

こんな感じのメモがノートに書いてありました(笑)

 

 

まず試験が始まったらこのトーン表は問題用紙の空いているところにメモしておきます。

トーン表や明度表やPCCSなど試験が始まったら一通りを書いておきます。

これだけでも結構時間を使いますし記憶をフル稼働する感じになります。

 

でも何回もやっていれば必ず覚えられるので焦らずやっていきましょう!

 

2.慣用色名の覚え方

我流の覚え方ですがご紹介します。

 

・初期にやってた覚え方

初めは赤系、黄系、緑系、青系、紫系で分けて覚えていきました。

例えば赤系はPCCSで1~4までとして、トーン別に覚えていきます。

 

《ビビッド》

V1:コチニールレッド

V1,V2:韓紅花

V2:カーマイン

V3:バーミリオン

V3:朱色

V3:スカーレット

V4:チャイニーズレッド

《ブライト》

b2:珊瑚色

b4:黄丹

《ディープ》

dp2:茜色

《ライト》

lt2:紅梅色

lt4:サーモンピンク

《ソフト》

sf2:オールドローズ

《ダル》

d2:蘇芳

d4:代赭色

d4:テラコッタ

d4:バーントシェンナ

《ダーク》

dk2:マルーン

dk4:煉瓦色

dk4:栗色

dk4:鳶色

dk4:海老茶

dk4:弁柄色

《ペール》

p4:ピーチ

《グレイッシュ》

g4:桧皮色

《ダークグレイッシュ》

dkg2:ボルドー

dkg4:チョコレート

 

こうやって黄系は5~9、緑系は10~14、青系は16~20、紫系は21~24でトーン別に分けて覚えようとしました。

 

ですが、これでは覚えるのが大変なのでトーンのみで分けることにしました。

 

・トーン別に覚える

私はこちらのほうが覚えやすかったのでおススメします。

ストロングトーンに当てはまる慣用色名は1級に必要な慣用色名にはありません。

ストロングトーンを除く10個のトーンに分けて覚えます。

無彩色のトーンは5色だけなので最後にさらっと覚えればOKです。

 

ちなみにトーン別の色数は以下です。

  トーン名 色数
  ビビッド  25
  ブライト  14
  ストロング   0
  ディープ   6
  ライト  10
  ソフト     5
  ダル    16
  ダーク    12
  ペール     7
ライトグレイッシュ     3
 グレイッシュ     5
ダークグレイッシュ     8

 

ではいきいき明るいビビッドトーンから覚えていきましょう!


(ビビッド)

さえた
鮮やかな
派手な
目立つ
いきいきした
1:コチニールレッド  
1:韓紅花  
2:カーマイン  
3:バーミリオン  
3:朱色  
3:スカーレット  
4:チャイニーズレッド  
6:マリーゴールド  
7:鬱金  
7:山吹色  
8:ジョンブリアン  
9:レモンイエロー  
10:萌黄  
14:ピーコックグリーン  
16:シアン  
18:コバルトブルー  
19:瑠璃色  
19:ウルトラマリンブルー  
19:群青色  
20:桔梗色  
21:バイオレット  
22:モーブ  
22:パープル  
24:牡丹色  
24:マゼンタ  

 

ビビッドトーンの多さにげんなりしましたか?

ビビッドトーンは25色あります。3や19は3色かぶっていたりするので色数も多いですね。

でもビビッドトーンが覚えられたら他のトーンは少なく感じると思いますよ!

 

色数が少ないトーンから覚えるのも、最初に色数の多いビビッドトーンを覚えるのも性格によりけりですよね。

ちなみに私は少ないトーンから覚えていきました。

 

一番少ないトーンはライトグレイッシュです。

ltg(ライトグレイッシュ)
明るい灰みの
落ち着いた
渋い
おとなしい
6:ベージュ  
8:アイボリー  
16:瓶覗  

 

 

3.まとめ

こうやってまとめると慣用色名とトーンだけでも覚えることがたくさんありますね。

完璧に覚えられたらそれに越したことはないんですが、なかなか苦戦してしまうのではないでしょうか。

私もそうでした。完璧に覚えているかと言われるとところどころ怪しいことも。。。

 

毎日見える場所に慣用色名表などを貼って眺めて覚えましょう。

日々眺めていると覚えている箇所があるものです。

諦めたり自信を無くしたりせずに検定に挑みましょうね!!